内野聖陽さんとウィーン・ミュージカルがメインコンテンツ。その他のドラマや映画についてもこちらで。@小林りり子

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マテがゴス仕様トートになってしまった
 いつの間にやら、東宝版エリザベートのサイトがリニューアル。

 ついに、ついに、マテが日本仕様のトートに変身してしまったああああ!!!
 あああああ、化粧してるよおおお!
(いや、ウィーン版でも化粧はしてたけど)

 東宝版エリザベート(キャスト)

 こういうゴシック仕様の衣装って、しょうゆ顔の日本人が華麗さを演出するために着るもんだと思うのですが、本物のトートがそれを着るってどうなのさ。

 日本人が勝てる訳ないじゃんねえ(笑)。
 もともと美形のヨーロッパ人が、ゴシックな衣装を着て似合わない訳がないよね。

 ただ、こちらとしてはウィーン版のフリンジ真っ白トートが焼きついているので、マテのゴシックトートに即座に慣れるという訳にもいかない……
 
 と言うか、マテはこれで本当にいいのかっ!?
 コメント動画だけでも、「トート」の発音が日本語発音じゃないので不安でいっぱい……
 今回ばかりは、Todじゃないんだよ。
 トートなんだよ~。

「愛と死の輪舞」は数年前にWMCで聴いていたので、うまいことは分かってるんだけどさ……

 マテ、本当にそのメイクや衣装でいいのかっ!?
 日本の演出でいいのか!?

 撮影風景を見てると、まんざらでもなさそうに見えますね。
 まあ、ヅカも含めて日本版のことは知っているだろうから、マテが決めたことなら、今さらこっちが心配するようなことでもないんでしょうが……

 とにかく、私としてはマテに日本版なりの味つけや良さがあることを体験してほしいと思います。
 成功することを心から祈っています……

 でもね、でも! ルカスは来なくていいよ!
(まあ、ルカスはすでに日本語ミュージカルは経験済だが)
 アンドレさんもマジャーンも来なくていいよ!

 やっぱり、どう考えても「オール日本語」なんて無茶すぎるもん!

 それならいっそ、また来日公演やろうよ!
スポンサーサイト

エリザベートへの道2012@げきぴあ
 東宝エリザベート2012の製作発表の様子です。

 これから連載されるようなので、とりあえずそれを見ながら、大阪公演に行くかどうか決めようかな……と思っています。

 しかし、本当に、マテ出ちゃうんだね……
 歌だけでも大変だろうに、芝居や踊り(!)とか、本家と色々と違うのに大丈夫なのかいな……

 うまいこと日本版とハマったら、大変なことになるだろうけど(笑)。
 そりゃあ誰もかなわないと思うよ、本家ですもの。

 それはともかく、山口さんは素顔がいちばん好き、と思います。
(山口さんの横顔のラインがすごい好きだ!)

 内野さんと共演した「昨日の敵は今日の友」好きだったなあ~。


 エリザベートへの道2012 第一回

ちょっと待てマテ
 2012東宝エリザベートのキャスト発表!!

 注目のトートはトリプルキャスト!!

 山口祐一郎

 石丸幹ニ

 マテ・カマラス


 えっ……?

 えええ……???

 待て……ちょっと待って……マテ……?

 今日、どれぐらいのエリザファンの間でこのダジャレが使われていることだろう(笑)。
 マジで、「ちょっとマテ!!」と叫びたい私です。

 ええええーっ、どういうことなの……
 マテはWMCで「愛と死の輪舞」を日本語で歌ってくれただけで、もう十分!!

 本場の人なんだから本場のままにしておいてほしい、と思うのは私だけですか?

 私は別に、日本版エリザを否定している訳じゃありません。
 むしろ、好きだからこそ言うんですけど。
(そもそも嫌いなら、いくら内野さん目当てでも大阪・博多で8回も見に行けないっつーの。しかも私、武田トートも山口トートもちゃんと見に行ったし)

 そもそも、外国の人に全日本語訳詩のミュージカルやらせようなんて、かなり無茶なのでは。しかもマテは本家トートなんだから、すべてがドイツ語で刷り込みされているはず。

 興奮してきたら口から勝手にドイツ語が出てくるはずだ!!

 ディ~シャッテン~ヴィーデンレンガ~
 カ~イザ~ルードルフ~♪

 Wenn Ich tanzen will!

 デアーレッツェタンツ~デアーレッツェ~~タ~ンツ~~♪
 ………………
 

 いやもう、トートだけドイツ語で歌って下さい。
 本当に、冗談抜きで。
 それをやってくれるなら私、来年の大阪エリザまでがんばってお金貯めとくからさー。

 東宝……小池さん……
 無茶しやがって……

 ルドルフは全員、私の知らない人ばっかりです。

東宝エリザ全国ツアー
 久しぶりに東宝エリザベートの話題。
 2012年、全国公演が行われます。

 エリザベート(東宝 帝国劇場)

 2012年5/9~6/27 帝国劇場(東京)
 7月 博多座(福岡)
 8月 中日劇場(名古屋)
 9月 梅田芸術劇場(大阪)

 キャストは、Wエリザで春野寿美礼さんと瀬奈じゅんさん。
(宝塚エリザで私が見たのは春野トートだったなあ)

 トートが発表されていません。
 と言うか、現時点の公式サイトにはチケット以外の情報が載っていません。

「その他にも多くの新キャストを迎え云々」とあるので、トートももしかしたら新キャストになるのか?
 でも全国公演だとトートのシングルはキツいと思うので、最低でもWキャストにはなると思うんだけど……

 山口さんが残るのかどうか、それが興味ありますね。
 武田トート以来、私は東宝エリザにはご無沙汰なので、大阪に来るのが来年の秋ならどうかな。余裕があったら見に行きたいなあと思うけど……

 Wシシィについては、もうこれは、見てみないと分からないんでね。
 だからトートも見なきゃ分からんわね。

 まあ、エリザについては、困ったことにキャストありきの観劇だったからなあ、私は。

「内野さんが出る」

 これだけで見に行って、自分でも信じられないほどハマって(順番としては予習のつもりでウィーンオリジナルキャスト盤を買って音楽にまずどっぷりとハマる→宝塚雪組ビデオを買う→東宝版を見る)、大阪だけで終わるつもりが、まさかの博多座まで行ってしまいましたから……

 九州行ったのは、今のところあれが最初で最後だなあ。

プリンセス・シシー3部作
 ロミー・シュナイダー主演のエリザベート映画「プリンセス・シシー」3部作をいまだに見ていない私ですが、手元にDVDはあるので時間がある時に見る予定です。

 ミュージカル版ほどダークな物語ではないでしょうが、姑との不和、放浪してばかりの生活、マイヤーリンクの悲劇、スイスでの暗殺も史実な訳ですから、どうしたってハッピーエンドにはならないと思うんだけど。皇后を誘惑する者=死神がいない映画では、彼女のダークサイドはどんな感じの描写になっているんでしょうね。もしかしてダークサイドは無視されて「純情可憐な、悲劇のプリンセス」で貫くのだろうか?

 しかし、このタイトル。
 シシィはプリンセスじゃないんだけどなあ。
 バイエルン時代なら、まあ公爵令嬢だからプリンセスと言ってもいいかもしれないけど、オーストリア皇后になったらプリンセスじゃ通用しない。
 Kaiserin(ドイツ語)=Empress(英語)ですよ。
 
 色々と突っ込み甲斐がありそうで、楽しみです。
Copyright © Gold von den Sternen(新). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。