内野聖陽さんとウィーン・ミュージカルがメインコンテンツ。その他のドラマや映画についてもこちらで。@小林りり子

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンセス・シシー3部作
 ロミー・シュナイダー主演のエリザベート映画「プリンセス・シシー」3部作をいまだに見ていない私ですが、手元にDVDはあるので時間がある時に見る予定です。

 ミュージカル版ほどダークな物語ではないでしょうが、姑との不和、放浪してばかりの生活、マイヤーリンクの悲劇、スイスでの暗殺も史実な訳ですから、どうしたってハッピーエンドにはならないと思うんだけど。皇后を誘惑する者=死神がいない映画では、彼女のダークサイドはどんな感じの描写になっているんでしょうね。もしかしてダークサイドは無視されて「純情可憐な、悲劇のプリンセス」で貫くのだろうか?

 しかし、このタイトル。
 シシィはプリンセスじゃないんだけどなあ。
 バイエルン時代なら、まあ公爵令嬢だからプリンセスと言ってもいいかもしれないけど、オーストリア皇后になったらプリンセスじゃ通用しない。
 Kaiserin(ドイツ語)=Empress(英語)ですよ。
 
 色々と突っ込み甲斐がありそうで、楽しみです。
スポンサーサイト
Copyright © Gold von den Sternen(新). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。