内野聖陽さんとウィーン・ミュージカルがメインコンテンツ。その他のドラマや映画についてもこちらで。@小林りり子

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10年先も君に恋して DVD情報
10年先も君に恋してDVD、発売決定です。

 今年の夏、内野さんの騒動とセットになったドラマ。
 ある意味、思い出。忘れ得ぬ思い出。忘れ難い煩悶。
 しかしドラマの世界に入れば、そんなゴタゴタもきれいさっぱり忘れられます。この脚本家さん特有の「自由に解釈してねエンド」であったことは間違いないんでしょうが、不機嫌なジーンほど憂鬱になることもないし、回数が6回だったので間延びすることもなかったし、久々の佳作ドラマ(恋愛ものは久しぶりだったし)と言ってもいいんじゃないでしょうか。

 発売:2011年2/21(予定)

10年先も君に恋して DVD-BOX(仮)10年先も君に恋して DVD-BOX(仮)
(2011/02/21)
TVドラマ

商品詳細を見る



 全話再放送なんてのもあるみたいですよ。
 それにしても関西、地上波での深夜再放送を全シカトかよ……
 いい加減にしろBK!!(NHK大阪)

 全話再放送
 BS-hi:11/20(土)午前11:30~
スポンサーサイト

10年先も君に恋して#3
 第三話「恋の骨折り損」

 10年後の里花……

 男かよ!!

 ニッタカかよ!!


 まだ完全に「オトコ問題」とは断言できませんけど。
 結婚して仕事を辞めたけど、色々会って夫婦間に問題が出来て、仕事に未練が……って感じなのでしょうか。予告で、未来里花が「あなたの成功が私の人生を壊した云々!」と泣き叫ぶシーンがあったけど、博の成功そのものじゃなくて、成功によって博が変わってしまったことによる弊害?

 この回を見て、私は40博を応援したくなってきました。
「愛してる……愛してた」
 恐らく、40博の心は「愛してる(今でも)」だと思う。思わず本音を言ってしまって、慌てて過去形にしたって言い方でしたもんね。40博、切なすぎる。
 これから先、相手の嫌なところや欠点を嫌でも見なきゃいけない現実、それが30博と里花を待ち受けている訳です。里花は40博の影響で、いずれ相手を嫌ったり憎んだりするかもしれない未来への葛藤がある。その結果、里花が破綻を回避できるように行動すればいいのかもしれないけど、恋愛ばかりは里花ひとりの問題じゃないですよね。
 30博はこの奇妙な三角関係の中でただひとり、未来を知らない人物なのだから、その時その時の感情に振り回されるのが当たり前だし、事情を知っている里花だって、だからと言って「博さんが好きになった」という感情を抑えられなかったのと同じように相手の欠点……「あなたのそういうところが嫌い」という感情だって抑えられないと思うんだな。

 里花はついに、40博からすべてを聞く決心をしました。
 今の里花にとって、それは「今の博さんを嫌いになりたくない」という一心からの決意だと思うんだけど、次回、40博はフィルタを通さずに真実を明かしてくれるのか。
「俺は君を不幸にした。君も俺を不幸にした」と言い切ったからには、今さら隠すことはないと思うし、そもそもやり直したくて過去に来たのは博の方で、切羽詰まっているのも博のはず。
 やり直す、という言葉の意味が「結婚しない未来」だとすれば、未来で問題になっていることを隠す必要もない訳ですよね。どうしても自分と里花を結婚させたくないのであれば。

 教授は10年後ご存命ではないのか……
(教授自身が発明した装置とは言え)10年後に自分は生きていない、なんて知るのはやり切れない……これが20年後30年後ならともかく、10年後って中途半端に近くて遠い。
 教授が奥さんの写真を見ているのは何かの伏線か?

 濱田先生が「それってただの男女の痴話喧嘩じゃないの! スケールが小さい!」と文句を言っていたけど、ラストの伝言版でのひらめきとか、何だかんだでネタが集まってきているような……
 あの旦那さん、素敵ですよね、奥さんの困ったところも良いところも知り抜いていて、それでいてニコニコしながら仕事をアシストしつつ家庭を守っているなんて。とても素敵だ。あの旦那さんこそが、このドラマにおける「夫」としての理想像かもしれません。……では「妻」の理想像は誰なんだろう?

 それにしても濱田梓先生……
 お名前も風貌もダンナさんが主夫という環境も、個人的には某・○本薫さんを思い浮かべずにいられません。もうひとつのペンネームが「中島梓」だし。

 里花のおバカさんな弟、日高(ひだか)も読めないなんてバカすぎて可愛い(笑)。先週の、未来人と信じるまでの描写がもうちょっと丁寧なら完璧だったのに。
 でも可愛いね。ちゃんと気遣い合っている姉弟なんですよね。
 親が離婚してトラウマが残らないはずがない。あのパンクな彼女とうまく行くのかどうか、そもそも弟が10年後にどうなっているか、それも40博は知っているんだよね……

 これは自分に言い聞かせている部分もありますが……皆さん、フィクションはフィクションとして、来週の火曜日には頭を切り替えて楽しみましょうね!
 だって、こんな素敵な恋愛ドラマを見るのは久しぶりなんだもん、放送される限りは楽しまなきゃ。ということで、私生活ネタはドラマ感想とは同じエントリーには書きません。

10年先も君に恋して#2
 第二話「運命の恋なんて」

 30博「僕と付き合ってもらえませんか?」
 里花「……ごめんなさい……」

――10年先も君に恋しないまま(完)――

 二回目にしてドラマ終了……するはずもなく(笑)。
 うう~、切ない切ない切ないよ~。
 30博の純情っぷりは、ここのところ勘助だの黒木だの倉石だのと、野性味あふれる(笑)ふてぶてしい中年ばかり見慣れていた目には反則すぎる。ううっ、眩しい!

 里花が、本当に本気で40博の存在を信じるようになったかどうかは分からないけれど、最後に堂々と「私の未来は私が決めます」と受けて立った! 博に「不幸にしないから……絶対幸せになれるから」って、それ男の言うセリフだよね(笑)。
 悪気はないんだろうけど、いったん向こうを凹ませておいて自分から、先週は「会ってくれませんか」とか今週は「付き合って下さい」って、里花って結構タチ悪いかも(笑)。こういうのって、男にしてみれば効き目はすごいよね。ただ里花にも40博のせいで「不幸になる未来を選ぶか否か」という葛藤はあった訳で、それでも目の前にいる30博に惹かれているのは本当だから、自分をごまかせない……と。

 あの、ぎこちない抱きしめ方……
 可愛すぎる……悶絶するほど純情すぎる!

「ふたりっ子」の森山さんだってここまで純情じゃなかったぞ!(むしろ香子に会うまではすれっからしのプレイボーイだったしなあ)……ある意味、衝撃です。こんな純情な内野さん初めて見たかもしれない。「蝉しぐれ」の文四郎も純情と言えば純情だったけど、何しろ武士だったからなあ。

 弟。
 いくら何でも早すぎる。
 コメディーでもさすがに、信じるのが早すぎる……っていうか、「信じるなよ!」「え、信じるの!?」と、かなりの人が突っ込んだと思いますよ、あれは。
 駅の伝言版(XYZ……今時あんなの存在するんですか?)は面白かったけど、あんな簡単に不審者の言うことを信じる弟くんが心配です。良く言えば純粋なんだろうけど、信じる内容にも程度ってものがあるじゃないですか。相手が未来人だなんて、どうやったら信じる気になれるんだ?
 君、社会に出たら騙されるぞ……
 こういう、細かいところに丁寧なフォローがあればもっと面白くなるのになあ、と思っちゃいます。まず、最初からウソつきまくりな設定(タイムスリップ)なんだから、未来人と信じること自体はいいけれども、信じる過程において視聴者も納得するようなディティールの細かさを……
 何が言いたいのか意味不明になってきましたが、ええと、つまり、嘘を描写するにはリアリティーが不可欠なんだよ! ということです。ウソ部分がウソっぽいほど、現実的描写は細かく細かく丁寧に。ウソとリアリティーのバランスの問題とでも言いましょうか。
 そういう意味で、弟くんの反応はご都合主義だった気がする。

 この騒動、恐らく最後にはフィクションとして文章化されるんだろうな。ヒロインの環境が環境だし。書くのはオバサン作家と若手男性作家、どっちなんだろう。やっぱりキャリアの差でオバサンの方か。ネタを見つけて目がギラッとしてたし、今度は話を聞けとまで命令してたし。

 40博はやっぱり今後も、何とか結婚までは行かないように阻止行動に出るのかな。出会わなければ、それこそ「――完結――」で済む話で、良い未来も悪い未来も始まりようがなかったけれど、出会ってしまった以上はもう歴史は変えられないのでは……?

 しかし本当、30博は純情、40博は哀愁……
 ああ、たまんねえなあ~、オイ、ねえちゃんよぉ。
 いや、ねえちゃんじゃなくて、にいちゃんか。
(なんてオヤジ的な言い回し)

 里花も可愛いよね。彼氏歴は最悪だけど(笑)。
 40博の言った「俺は君を不幸にした。君も俺を不幸にした」という言葉が、言葉通りであるのなら、相互不理解とでも言うのか、お互いが同じように悪かった……みたいな理由なのかなあ。しかし、それにしても常識では考えられない行動を取ってまで40博は「やり直したい」「出会わせたくない」「俺を好きにならないでくれ」と繰り返すのがかなり不可解。破綻の理由がはっきりすれば分かることだろうけど。
 確か、教授に「結婚2年目ぐらいから隙間風が……」みたいなこと言ってたような気がする。出会って1年足らずで結婚して、たった2年でおかしくなるって破綻するのが早いよなあ。
 うーん、浮気ぐらいしか思い当たらない。
 40博は成功していてテレビのコメンテーターなんかになっているそうだけど(だからしゃべりが上手くなったらしい)、何があったのか……?
 タイムリミットは28日間……


 私からのお願い:死ぬ死ぬ詐欺はやめて下さいね。

10年先も君に恋して#1
 第一話「未来からの恋人」

 謎その1
 冒頭→なぜ離婚寸前まで破綻しちゃったんだろう?

 謎その2
 40博の言う「君のためなんだぞ」とは、10年後の里花が何らかの理由で)変質してしまったから? その原因は自分だから? 彼女と自分との出会いを回避しようとしたということは、=出会わず、恋愛せず、結婚しない未来にしたかったってことですよね? 結果的に、本来の出会い(バスの中で里花が落とした本を博が拾って……というやつ)よりももっと濃ゆい出会い方をしちゃった訳ですが……

 とにかく、冒頭(10年後)の二人には問題があって、それはもう、離婚する以外にどうにもならないようなことで……なぜそうなった? という謎解きが来週以降あるはずです。
 40博は「自分と里花の人生をやり直すために(過去に)来た」と最後に言っていたけれど、あれは二人にとっての人生なのか? 出会わなかったものとして個々の人生っていう意味なのか?
 コマーシャルなしはいいですよね。
 ここ数年、売国剥き出しのNHKには腹を立てるばっかりだったけど、ひと夏ぐらい「Good Job」をしてくれてもいいはずだ。制作現場に少しでも良心があるのなら。

 いや~!

 内野さん本当すごいよ!!


 40博が笑ってしまうぐらい胡散臭かったのに、ラストで完全に「30歳から10年経過した」姿になっていたのは、もう、脱帽っていうか! すごいよ!
 30博→40博、全然違和感なかった。少なくとも教授の前では本音を言うはずだし、ウソつく必要もないし。10年後の彼が(里花にとっての、という視点で)どういう変化を遂げているのかは不明ですが、わざわざ未来からやって来たってことは、彼は「やり直したい」と思っているのでしょう。
 それは「出会わなければよかった」という意味なのか。他に理由があるのか。私は、いくらトンデモ設定とは言っても「過去に戻って人生きれいにリセット」めでたしめでたし、というような安直な話は好きじゃありません。だって、人生はやり直しがきかないものだから。
 やり直そうと思った時点でのやり直しはきく。(それが人生の半ばであっても最後であっても)でも、過去に戻ってまでリセットはできない。
 博のやろうとしていたことは、最初の段階で既に失敗してしまったけれど、この先彼は30歳の自分と里花の恋を阻止しようとするのだろうか?
 何せ三角関係の相手が昔の自分、純情だった若い頃の自分というから尋常な三角関係ではありません。現時点では、10年後の状況を把握しているただ一人の人物である博の胸中はどんなものか。涙ぐんでしまうほど胸が痛い、しあわせな過去だったらしいというのは、これでもかというデートシーンと40博の涙で示唆されていましたが……

 話は内野さんに戻って。
 勘助とかゴンゾウとか倉石とか全部おなじキャラだよね、とか(ちゃんと人物像を把握もせず)いい加減なこと言う人には結構「どうだ! 参ったか」と強気で言ってみたいなあ(笑)。
 彼の真骨頂であるカメレオンっぷりが遺憾なく発揮されていて、どうですかあの声のトーン! もう声からして、倉石とは100%別人だったでしょう?
 30博のサワヤカ声、たまらんものがあるよ! しかも、40博では「胡散臭いバージョン」と「本来の博」の2パターンを演じ分ける凄まじさ! おまけに、あの雰囲気。小手先ではなく本当に理系の匂いがするんだ。外見だけメガネだから、白衣だから、理系の単語を並べ立てるから……じゃなくて、私が間接的に知る「超理系」の男と同じ匂いがしたから、本当たまげたの何のって。
 30博が登場してからずっと「……誰かに似てる……でも誰だ? 知ってる人にものすごく似てる……」と引っ掛かっていたんですが、思い当たってからビックリしたなあ。その人は別にリアル知り合いではなく、某ミュージシャンなんですが、本当似てるんですよ、外見も確かに似てるけど、何より雰囲気が。
 あー、びっくりした。
 思えばこの数年、理系の内野さんを見る機会ってゼロに等しかった。まあ、勘助は屁理屈こきではあったけど、それでもイメージは「動」だったし、武田に就職する前は臭ってきそうに汚かったし(笑)。あれでは軍師も理系も、何もないですよね(笑)。

 上戸さん。大人っぽくなったね。
 岡……立派になったな!(胸が)
 でも、声がまだ幼い感じ。さすがにひろみの時ほど子供っぽくはないけれど。博との見た目も十分OKだし、大人の恋愛ドラマ、成功するか否かは彼女に懸かっているところもあるので、頑張っていただきたい。冒頭の「なぜ私のパンツではだめだったのか」と真面目に会話しているあたりは笑った。
 脇役がまた豪華ですよねー!
 教授、いいキャラクターだ。
 渡辺えり子さんが名前変えたのは知らなかった。(子がなくなっただけだが)あのメンツなら心配はないので、主演二人に集中できます。脇が甘いと、どうしてもイラッとしがちですから。

 とても偶然とは思えないタイムスリップ設定だし、どうしても「JINとネタ被りすぎじゃないの?」と思ってしまう部分もありますが、回数も少ないことだし、余計なお遊び部分はなしでお願いしたいです。しかし、エンディング(と思ったらあれは違うの?)が流れ出した時は正直なところ「歌までJINと似たようなの持ってくんなよ!」と思ってしまいました。
 エンディングロールの曲ならまだ、タイプが違うのでとっつき易いかも。

 ジェットコースターにエンジンがないというのは初めて知りました。っていうかアレが何で動いているかとか考えたことすらなかったです。
 私、ジェットコースターが大の苦手で、見ているだけで血の気が引くほど。今まで(覚えている限り)乗ったのは一回しかありません。あとグルグル回る乗り物もダメ。子供の時は、タクシーや観光バスの臭いだけで吐いてたので、もともと乗り物酔いの体質なんです。
 位置エネルギーとか、そんなこと考えていると余計酔いそう。
 私は文系なので、平常時なら聞いてみたい御講釈ではありますが……里花の本部屋(本で床が抜けそうな)笑えない、まったく笑えない。他人事じゃないです(笑)。
 里花はえらいよ、文系なのにちゃんとクラーク読破してるんだから。私なんてSFですら苦手。というかSFオンチとでも言うのかなあ? 天文にまつわる神話とかは大好きだけど、スターウォーズも見たことないし興味もないし、一般知識として知ってる程度……

 二人が乗り物に乗ってる時の画面、あれって固定カメラだと思うんですが、さすがにあの瞬間は二人とも素の笑顔っぽくて(ああいう極限の状態だから)それがとても可愛かったなあ。

 最後に、NHKを思わず「この犬HKめが!」とスラングで呼んでしまいそうになったシーン。

 キムチを目立つところに配置するな!

 一日一善ならぬ一日一韓か。ふざけるな。
 どっかでは「博の雰囲気がカンリューっぽい」という意見があったのを見ましたが、それこそメガネな外見だけじゃないのか……? と思ってしまいます。
 内野さんがカンリューっぽいとか本当、勘弁してくれ。

 あ、珍しくたくさん拍手いただいてますね。
 ありがとうございます!

漢字表記にしてほしかった
「10年先も君に恋して」公式サイト

 今まで、情報ソースによって「十年」か「10年」どっちか分からなかったタイトルですが、ご覧の通り「10年」表記が公式タイトルのようです。
 私、このブログのドラマカテゴリに最初は「10年」と入力して、あとから「いや、やっぱり漢字かもしれないし」とわざわざ修正したのに……またやり直しです。
 日本語タイトルなんだから、漢字で行けばいいと思うんですけど。

 あと四週間待ちですか、長いなあ。
Copyright © Gold von den Sternen(新). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。