内野聖陽さんとウィーン・ミュージカルがメインコンテンツ。その他のドラマや映画についてもこちらで。@小林りり子

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロミジュリ@宝塚
 ウィーンミュージカル・コンサートで、ドイツ版主演のルカス&マジャーンの歌を聞いて以来、いつかCD買ってやると思っていた「ロミオとジュリエット」。
 いつか日本も手を出しそうだなあとは思っていましたが、まあ案の定と言うか、宝塚です。でも大阪・東京の宝塚劇場公演ではなく、梅田芸術劇場と博多座での公演だそうで……
 このあたりのことは素人の私にはよく分かりません。

 主演の人、名前どっかで見たなあと思ったら、私が見た「エル・アルコン」(青池保子原作)でルミナスやった人じゃないですか! そう言えば「エル・アルコン」って星組だったな……

 エ~ル~アルコ~ン~♪ エ~ル~アルコ~ン~♪
 漆黒の翼を翻し~鷹は海を目指し~海に生き海へと還る~♪

 延々と歌ってしまいそうですが、主題歌がすごく良かったのでCD買ってしまいましたよ。あれは忘れもしない、阪急グランドビルのキャトルレーヴ(ヅカグッズ店)で最後の一枚だったから。
 ただ、公演バージョンと違ってCDはティリアン(主役)だけのボーカルだったのが残念。公演ではルミナスもギルダも歌ってて、それがいかにもオープニングって感じでかっこよかったのに。
(それはまた別の話)

 演出が小池さんだし、これは間違いなく「あの」ロミジュリなんでしょうね。ウィーンコンではオケも良かったし(音楽監督が本家の人だったので)歌は完璧だし……(だって本物の主演二人ですから)
 まだ見に行くかどうかハッキリ決めていませんが、宝塚まで行くより梅田の方が近いので、行ってしまいそうだ。何だかんだ言って。でもCD持ってない~! 勢いで買えるような値段じゃないし!
「Liebe」はどういう訳になるのかな……
 やっぱりそのまま「愛」になるのかな。
「リーベー」=「あーいー」だから割と違和感のなさそうな気がします。翻訳と言えば、6月に観劇予定の「レベッカ」ですが、原作のあの有名すぎる書き出し(歌も同じ)「ゆうべ、またマンダレイに行った夢を見た」が、日本語では「ゆうべ夢を見たの」という無愛想な訳になっているらしくて、ちょっとガッカリです。
 まあこれも余計な話でした。

 ロミジュリ、これを機会にCD買おうかなあ……うう、迷う。

 星組「ロミオとジュリエット」
スポンサーサイト
Copyright © Gold von den Sternen(新). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。