内野聖陽さんとウィーン・ミュージカルがメインコンテンツ。その他のドラマや映画についてもこちらで。@小林りり子

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内野さん 文学座退団
 内野さんからのメッセージ(内野聖陽 公式サイト12/18更新分)

 内野さんが文学座を退団、新しい事務所を作るそうです。

 文学座を退団するメリットやらデメリットやらは私にはよく分かりませんが、文学座を退団したからと言って舞台を辞める訳でもないので……
(と言うか、本家・文学座の公演に出る方が珍しい昨今でしたよね)

 これからも活躍して下さいね!!
 
 来年はまた連ドラやっていただきたいなあ……
 地上波で見られるドラマを。
スポンサーサイト

離婚
 はあ。
 昨日のニュースに引き続き、今日もまた……

 http://www.daily.co.jp/newsflash/2011/08/19/0004385322.shtml

 地味にショックだったのは、不倫や飲酒がどうたら騒がれる以前から、既にもう離婚を考えていたっていうコメント。だって結婚したの2007年だったよね?
(風林火山の最中に結婚式したからね)

 それで、去年のスキャンダル……2010年の夏以前から別れることを考えていたってことは、実質三年も続かなかったってことじゃないですか。うーん、ショックだ。

 どちらも舞台の人だから(一路さんもいずれ復帰するとは思ってたし)確かにすれ違いは多くなるし、難しいかもしれない。単なるファンでしかない他人がどうたら邪推しても、今さら仕方ないのですが。

 私は、私生活と仕事さえキッチリ区別をつけてくれれば、大好きな役者さんが妻子持ちだろうと何だろうと、そんなことはどうでもいい性質ですので――と言うか、独身だったらそれが何? 自分が付け入る隙があるとでも?――正直、こういう風に私生活ネタが話題になることぐらい嫌なことはない。

 エリザベートファンとしては何とも言い難い破局ですが、決まったものは仕方がない。受け入れるしかないので、お二人のこれからのご活躍をお祈りいたします。

……としか、言えないじゃないですか。

死神と皇后、離婚
 内野聖陽と一路真輝が離婚へ

 エリザファンとしては、とても悲しい。
 死神と皇后はやっぱり平行線のままで終わるのか……

 JINを見ている最中の視聴者としては、去年の悪夢ふたたび。
「10年先~」があわや打ち切りか、ということまで心配して胃が痛かった去年の夏を思い出す。まあ、去年のアレより酷いことなんてなかなか無いだろう。
(ドラマの最中に不倫発覚&限りなくグレーゾーンな飲酒運転)

 今回はああいう胃の痛さを伴うようなことではない。
「まあ要するに、いずれ離婚するってことだよね」
 というだけのことでしょうが……
 それにしてもだ、またか。また本人が邪魔するのか。
 ドラマに入り込んでいたいファンの気持ちに冷や水を浴びせるのか。

 それだけはやめて!

 って、JINが始まる前に私は言ったのに……
 いや、私がこんな片隅で何をどう言ったところで意味はないが……

 読売新聞のインタビュー、あれは何だったの……
 最近いちばん感動したのは「立って歩いた娘と、それを見守っている妻の姿」と言っていたあのインタビューは何だったんだ……?

 私はエリザファンですので、本当に残念です……

オンラインショップ聖陽流 オープン
 内野聖陽さん公式サイトより朗報。

 ファンクラブに入っていない一般人も利用できるオンラインショップがオープンしたとのこと。実は私も、いまだ一般人なので(私が「ファンクラブ」なるものに入会したのは、これまでの人生で二度しかない)いつも公式サイトのトップで寂しい思いをしていたのですが……
 会員限定のメッセージとかあるし……
 だったら入会しろよ……と自分で突っ込んでしまいますが……

 まあとにかく、間口が広がるのはいいことですね。

 オンラインショップ聖陽流

内野聖陽 公式コメント@文学座
 文学座サイトでの公式コメント

 あ~あ~、ついにYahooトピックスに上がってしまったよ……

 やっぱりイリアス終了とドラマ最終回まで引き伸ばしてたんですね、公式コメント。まあ、各方面に与える影響を考えると仕方ないですね……
 謹慎がどうのこうのって内容じゃないですね。
 Yahooトピックスに上がってるのを見て覚悟をしたんだけど……

 不倫はどうでもいいんだ、私としては。お願いだから法律は守ろうね、守ってね、あなたを愛しているファンのためだと思って遵守してくれ、と言いたいだけなんだ……

 それと、僭越ながら言わせてもらうけど、何よりも奥方と娘さんのために法律は守って下さい。役柄ではどんなに真っ黒でも破天荒でもいい。だけど私人としては、社会常識を逸脱してはいけません。私はただの一ファンだけど――ファンだからこそ悲しいし、裏切られた気持ちになってしまうから。

 何度も言っていることですが、私は俳優としての内野聖陽さんが好きなので、その信用が崩壊しない限りはドラマも見るし、舞台にも足を運ぶでしょう。
 けれど、それ以外では何をしても許す、というようなファンではない。法律を破る行為にはショックを受けたし、フライデーに二週連続で掲載されてからずっと、10年先がいつ打ち切られるかと生きた心地がしなかった。こんなことがもう二度とないように、信頼を裏切るような真似はしてくれるなとお願いしたい。

 本当に、不倫はどうでもいいんですよね、正直なところ。
 芸能人なんだから車はやめろよ! 室内に入るまで待てんのか!、と突っ込みたくてウズウズするぐらいで、あとは別に……どうでもいいです。
Copyright © Gold von den Sternen(新). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。