内野聖陽さんとウィーン・ミュージカルがメインコンテンツ。その他のドラマや映画についてもこちらで。@小林りり子

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踊るファイナル 9/7公開
 踊るファイナル、9/7公開日決定です。

 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望



 青島一人の予告がいいよね。
 内容的には……青島とすみれがくっついてくれたら、もうそれでいいんだYO☆
スポンサーサイト

踊る大捜査線FINAL 特報
 踊るファイナルの特報がアップされています!

 踊る大捜査線 FINAL(公式サイト)

「係長 青島俊作」っぽい作りですね(笑)。
 織田さんは演技うまいなあ、本当に。
 これだけで成立しちゃうもんなあ、踊るワールドが。

 1~3の名セリフも網羅されていますが、私は3の名セリフ(?)だけはあまり好きじゃない。

「俺に部下はいない、いるのは仲間だけだ!」ってやつ。

 それ、今言うことじゃない! 
 そんなことにこだわってる場合じゃないだろ!


……って思ってしまいます。

 犯人捕まえる目的が目の前にあるのに、「部下じゃなくて仲間なんだ」とか、そんな(本店にとっても所轄にとっても)しょうもない、どうでもいい、温いこと言ってる場合じゃないだろう。

 そこ、キレるところじゃないよ!って感じでした。

 連ドラ最終話で、本店が青島の行動に(問題があるとして)制限を科した時、青島は捜査に加われない苛立ちに机をぶっ叩きました。
 セリフはなし。

 だけど、青島の苛立ちや言いたいことは手に取るように理解できた。
「今、そんなこと言ってる場合じゃないだろ!」って。

 それなのに、3では青島が「そんなこと言ってる場合じゃない」人になっちゃったんだもんね~。
 やっぱりダメだよ、この決めセリフは。決まってない。

 本店から見たらどうでもいいんだよ、部下だろうと仲間だろうと。
 私が見ても、「そんなこと本店に言ったって仕方ねーだろ」と思ったもんなあ。

 狙って作る決めセリフは、それだけでスカになっちゃう気がするなあ。

 だから、あざといまでに「ここキメてるよ!」ってゴリ押ししないでほしい。

 話さえ、ちゃんとしていればいいんだから。
 決めセリフがあろうとなかろうと、そんなことどうでもいいから。

なんて素敵にジャパネスク@時代劇専門ch 放送日
 時代劇専門チャンネルで放送予定の「なんて素敵にジャパネスク」
 放送日のお知らせです。

 3/3(土)22:10~
 3/13(火)27:00~
 3/24(土)27:00~

 うおお、平安時代のお姫様=雛祭りに合わせてきたんですね。
 何気なく粋なことをしますね!

 今ならもしかして、当時よりは楽しめる……かもしれません。

なんて素敵にジャパネスク―愛蔵版 (1) (ジェッツコミックス)なんて素敵にジャパネスク―愛蔵版 (1) (ジェッツコミックス)
(2004/06/29)
山内 直実、氷室 冴子 他

商品詳細を見る

踊る大捜査線 映画の前にTVスペシャル決定
 http://www.sanspo.com/geino/news/120213/gnj1202130506004-n1.htm

 テレビスペシャルだ、わーいわーい……と思ったら。

 朝鮮に完全汚染されたフジらしく、また半島人ゴリ押しですか……
 もおおおお本当にウンザリ。
 もうこれ以上耐えられないから、今年できっぱりスッキリ終わってくれ。
 
 青島とすみれさえ幸せになってくれれば、もうそれ以外どうでもいいから。
 室井と青島の約束は、もう完結したようなもんだしね……

 あと、鳥飼ってまた出てくんのかよ……いらねえ。
 新城さん出してくれよ……
 2の時点では大嫌いだったけど、沖田さんでもいいぐらいだわ。


 半島ゴリ押しの記事
 http://www.sanspo.com/geino/news/120213/gnj1202130556014-n1.htm


 毎日毎日、反日反日、カンコクカンコクと醜悪にわめくフジテレビとさっさと縁を切りたいので、踊るさえ終われば心置きなく破棄できるわ。

 コトーの続きももう望まない。
 今のフジには作ってほしくない、触ってほしくない。

なんて素敵じゃなかったジャパネスク(ドラマ)
 時代劇専門チャンネルのメルマガで、またもや3月速報。


 氷室冴子原作/富田靖子主演「なんて素敵にジャパネスク」

 時は平安。大納言忠宗の娘・瑠璃姫は、初恋の君を思う毎日で、
 両親の心配をよそに16歳になるというのに結婚する気がまったくない。
 父の差し金で権少将とお見合いすることになった瑠璃姫は、
 幼馴染の衛門佐・高彬に助けを求めるが、
 ひょんなことからかえって二人の結婚話が持ち上がることに。

「なんて素敵にジャパネスク」(1986年:TV長編)BS・CS初!
 原作:氷室冴子 演出:石坂浩二 
 出演:富田靖子/木村一八/仲村トオル/西川弘志/京本政樹/中田喜子 ほか

 ◇

 私の(遠い日の)記憶が確かならば、とても微妙な出来だったはず……

 つうか、そもそも構成に無理がある。
 鷹男まで関わってくるエピソードを二時間でやっつけるのが無理すぎるわ。
 例え、あいだに入っているニの姫エピソードなどを飛ばしたとしてもだ。

(演出が石坂浩二ってマジで!?)

 でもさすがに細かいことは一切覚えていませんね。
 再放送もほとんどされていないはずだし、結構レア物じゃないのかな。

 録画しておくといいかもしれません。
 
 今回だってBS・CS初ってことだから、今までスカパーでも放送されたことがないんだねえ。



 そう言えば今、別冊花ゆめで「月の輝く夜に」という氷室&山内の黄金コンビ連載が始まっていますが、私この原作まったく名前すら知りませんでした。

 少なくとも単行本化されていないと思う。
「碧の迷宮」ならまだ知ってるんだけど、平安物でまだお蔵入りした話があるなんて……
(もちろん月の~は、完結したから今回マンガ化されたんでしょうけど)


なんて素敵にジャパネスク 人妻編 11 (花とゆめCOMICS)なんて素敵にジャパネスク 人妻編 11 (花とゆめCOMICS)
(2011/06/20)
山内直実

商品詳細を見る


 しょうもないこだわりですが……
 コバルト文庫の装丁は初出が一番!!

 峰村さんでしたか、氷室作品にはこの人の絵がいちばん!
 まして、山内絵でもない少女マンガ絵なんて……いらないよ。
Copyright © Gold von den Sternen(新). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。