内野聖陽さんとウィーン・ミュージカルがメインコンテンツ。その他のドラマや映画についてもこちらで。@小林りり子

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨場(再放送)@大阪
 まだABC番組表には載っていないのですが、Yahoo検索(大阪)では「臨場」の予定が入ってきました。これで、関西でも前シリーズ再放送決定、ということで断定しても良いですかな?
 ABCのくせに空気読んでるみたいですね。めでたいことです。
 しかも一応、新シリーズ始まる前だし。二日前だからギリギリリミットだけど……

「臨場」前シリーズ1話(多分)
 2010/04/05(月)15:55~16:50 ABC 朝日放送

 2話(多分)
 2010/04/06(火)15:55~16:50 ABC 朝日放送

 ※現時点では「予定」です。詳細はABC番組表をご覧下さい。
スポンサーサイト

フジテレビONE/TWO標準装備
 我が家はケーブルテレビ組なのですが、来月の月刊ガイドが届いてビックリ。今までオプション扱いだったフジテレビONE/TWOチャンネルが、来月から基本チャンネル入りするそうです。
 そうは言ってもフジはONE/TWOの他にNEXTってのも持っていて、それはオプションのままです。この何とも言えない中途半端さがユーザーを悶絶させますね。まあ見ていて下さい、断言してもいいけど「踊る3」の特番……過去の例から鑑みるにメイキングとか、絶対NEXTでしか放送しないと思いますよ。
 もともとONE/TWOっていうのは旧721+731チャンネルのことですけど、CSだけで3チャンネルも必要なのかなあという気はする。NEXTってどういう趣旨のチャンネルなのか。

 私は内野ドラマをチェックするために「内野聖陽」でテレビ検索ページをブックマークしているのですが、最近「ミセスシンデレラ」や「不機嫌なジーン」が立て続けに放送されていて、指をくわえて眺めているだけでした。
 時期的に「JIN」の影響かな?
 そう言えばどっかのテレビ雑誌で、内野龍馬がまた助演男優賞に選ばれたそうです。原作は、まあ、その(ネタバレ反転)龍馬ついに死んじゃったりして色々と動いていますが、ドラマは終了前から映画化がどうこう噂されていますね。原作の展開に沿ってくれるなら映画でもいいかも。でもきっと映画の2、3時間ではそこまで行かない……

 そういう訳で、私の録画できるようになったスケジュール。
(個人的メモですいません)

 不機嫌なジーン フジテレビTWO
 4/2(金)#1~2 10:00~11:00/11:00~11:50
 4/6(火)#3~4 10:00~10:50/10:50~11:40
 4/7(水)#5~6 10:00~10:50/10:50~11:40
 4/8(木)#7~8 10:00~10:50/10:50~11:40
 4/9(金)#9~10 10:00~10:50/10:50~11:40
 4/13(火)#11 10:00~10:50

 ※4/7は「臨場」初回でもあるので注意!
 それにしても、内野さんは何故こうも「宗方仁」「不機嫌なジーン」「JIN」と、どちらかと言えばあまり日常的でないジンという名前に縁があるのでしょうか?

臨場要請ならぬ再放送要請
 りーんじょー♪ りんじょっ♪
……としか聞こえない、あのオープニングテーマも不思議ですが、このドラマについて特筆すべきことがあります。それは、

 主題歌が存在しない

 ということです。
 これは昨今、ゴミのような曲のタイアップ墓場に成り下がってしまったドラマ業界において、かなり貴重な例だと申し上げてもいいでしょう。何しろ「歌」が一切流れないのですから。

「ゴンゾウ」のように、主題歌が実は重要な意味を持っていた(脚本家が最初から自分の中で「主題歌」を決めていた)というのは、はっきり言って稀なケースだと思います。

 大半は音楽事務所に「これ選べ」とかテレビ局の都合で「これを流行させたいから」という感じで、大人の事情で決定されることがほとんどでしょう。まあ一応、なるべくドラマに沿った歌を選んではいるのかもしれませんが、それでも「こういう内容なので、歌もそれに合った歌詞で」なんて発注するようなことは、今のドラマ業界には無いような気がします。
 一時、アニメ業界も酷いことになっていましたが(私は、偶然目にした「るろうに剣心」OP×ジュディマリの喜劇的ミスマッチを一生忘れないと思う)、今はかなり初心に戻ってきたように思います。

 歌なしドラマで思いつくのは、三谷さんの古畑シリーズぐらいなんですよね。
 あれは音楽自体にインパクトがあったから良かったですね。もし古畑のラストシーンに訳のわからないJ-POPが流れたりしたら、ドラマの余韻が台無しになっちゃう。

 しかし「臨場」ってサントラ発売されてなかった気がする……
 シリーズ化となれば曲も増えるかもしれませんね。

 関東ではそろそろ「臨場」再放送が始まりますが、関西地方の皆さんはABC番組表をこまめにチェックすることをお勧めします。
 現時点では、3/31までの番組表には「臨場」再放送予定は記載されていませんが(はぐれ刑事やってない時がない)、少しでも視聴率とスポンサーが欲しいであろうこの時代、ユーザーの意向をどこまで無視できるものでしょうか? いくらローカル局でもマイペースすぎる。
 もしかしたら、笑えるタイミングで――つまり初回放送日の4/7以降に――再放送したりするかもしれませんよ。市場リサーチ、事前調査という言葉を知らないのかっていう感じですね。

 ◇

 昨夜、「臨場」公式サイトを覗いたら、
 まもなくリニューアルします
 とあって喜んだのはいいけど、一日経っても変化なし。「まもなく」って二、三日後でも「まもなく」の範囲なのでしょうか……
 私なんかはイラチだから「まもなく」=数時間(せいぜい半日)って解釈してしまうんですが……って、あわわわ! リニューアル確認!
 えええ~、さっきまでリニューアル前だったのに!!(現在19:30)

 
「臨場」公式サイト


 リニューアルされました。

 倉石さん、こわいです。アップが。

棋士、再び
 うひゃー!!

 内野さんが升田幸三やるなんて、予想もしてなかった……
 そもそも最初っから棋士役(ふたりっ子)で内野さんに惚れたとは言え、まさか現実の棋士を演じるとは思ってもいませんでした。
 私、あの辺の世界を中途半端にかじっているので、升田さん含む棋士の写真集とかを持っているのです。すぐ手元にあります。まさか、まさかのコラボレーション……升田幸三by内野聖陽、かあ。
 言われてみれば、升田さんってちょっと龍馬っぽいビジュアルかもしれない。私が持っている本には晩年の写真しか載ってないから、若い頃までは知りませんが……

 フジテレビ開局50周年特別企画
「わが家の歴史」升田幸三役(ゲスト出演)
 4月11日(日) 21:00

臨場スペシャルブック 3/31発売
「臨場」スペシャルブックが3/31発売です。
 オフィシャルガイドブックのようで、去年のドラマ写真や出演者インタビューもあります!
 原作も、単行本未収録の新しい作品がいくつか入るみたいですが(「罪作り」「墓標」「未来の花」「カウントダウン」)、今度のシリーズで映像化されるんでしょうかね?
 原作とはかなりキャラクター違う気がするんですけどね、倉石。(原作の方がおっさんのはずだし、病気を患っているような描写もある……)
 とりあえず、毎週毎週しつこくカット挿入されて去年ウンザリしたので、倉石妻の遺影はもういらないです。過去の事件が最終的に繋がるって展開も、さすがにもうお腹一杯かも。ゴンゾウほどじゃないけど、倉石妻の事件もあれで綺麗に完結したと思っていたので、まさか続編があるとはね……

臨場 スペシャルブック臨場 スペシャルブック
(2010/03/31)
横山 秀夫

商品詳細を見る


 去年ドラマ化された原作はこちら

臨場 (光文社文庫)臨場 (光文社文庫)
(2007/09/06)
横山 秀夫

商品詳細を見る


 去年のドラマはこちら

臨場 DVD‐BOX臨場 DVD‐BOX
(2009/11/21)
内野聖陽松下由樹

商品詳細を見る
Copyright © Gold von den Sternen(新). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。