内野聖陽さんとウィーン・ミュージカルがメインコンテンツ。その他のドラマや映画についてもこちらで。@小林りり子

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10年先も君に恋して DVD情報
10年先も君に恋してDVD、発売決定です。

 今年の夏、内野さんの騒動とセットになったドラマ。
 ある意味、思い出。忘れ得ぬ思い出。忘れ難い煩悶。
 しかしドラマの世界に入れば、そんなゴタゴタもきれいさっぱり忘れられます。この脚本家さん特有の「自由に解釈してねエンド」であったことは間違いないんでしょうが、不機嫌なジーンほど憂鬱になることもないし、回数が6回だったので間延びすることもなかったし、久々の佳作ドラマ(恋愛ものは久しぶりだったし)と言ってもいいんじゃないでしょうか。

 発売:2011年2/21(予定)

10年先も君に恋して DVD-BOX(仮)10年先も君に恋して DVD-BOX(仮)
(2011/02/21)
TVドラマ

商品詳細を見る



 全話再放送なんてのもあるみたいですよ。
 それにしても関西、地上波での深夜再放送を全シカトかよ……
 いい加減にしろBK!!(NHK大阪)

 全話再放送
 BS-hi:11/20(土)午前11:30~
スポンサーサイト

内野聖陽 公式コメント@文学座
 文学座サイトでの公式コメント

 あ~あ~、ついにYahooトピックスに上がってしまったよ……

 やっぱりイリアス終了とドラマ最終回まで引き伸ばしてたんですね、公式コメント。まあ、各方面に与える影響を考えると仕方ないですね……
 謹慎がどうのこうのって内容じゃないですね。
 Yahooトピックスに上がってるのを見て覚悟をしたんだけど……

 不倫はどうでもいいんだ、私としては。お願いだから法律は守ろうね、守ってね、あなたを愛しているファンのためだと思って遵守してくれ、と言いたいだけなんだ……

 それと、僭越ながら言わせてもらうけど、何よりも奥方と娘さんのために法律は守って下さい。役柄ではどんなに真っ黒でも破天荒でもいい。だけど私人としては、社会常識を逸脱してはいけません。私はただの一ファンだけど――ファンだからこそ悲しいし、裏切られた気持ちになってしまうから。

 何度も言っていることですが、私は俳優としての内野聖陽さんが好きなので、その信用が崩壊しない限りはドラマも見るし、舞台にも足を運ぶでしょう。
 けれど、それ以外では何をしても許す、というようなファンではない。法律を破る行為にはショックを受けたし、フライデーに二週連続で掲載されてからずっと、10年先がいつ打ち切られるかと生きた心地がしなかった。こんなことがもう二度とないように、信頼を裏切るような真似はしてくれるなとお願いしたい。

 本当に、不倫はどうでもいいんですよね、正直なところ。
 芸能人なんだから車はやめろよ! 室内に入るまで待てんのか!、と突っ込みたくてウズウズするぐらいで、あとは別に……どうでもいいです。

10年先も君に恋して#6(最終回)
 ああ、もう終わってしまう……
 30博と40博、どちらも好きでした。近年のドラマの中では(時代物を除いて)「ゴンゾウ」黒木の次に好きなキャラクターだったかもしれません。

 第六話(最終回)
「君のいる未来へ」

 40博って結局、未来に戻っても里花とやり直そう、徹底的に話し合おうとは思っていなかったのか……?
 だって普通に離婚届にサインしようとしてたし……
 変わっていたのは里花の態度でしたよね。
(自分からの手紙を読んだから)
 40博にしてみれば、未来では話し合いの余地はないと思ってしまったのはニッタカ疑惑のせいで、だから切迫して過去に来てしまったのであって……
 でも、オトコ疑惑は単なる誤解だったと……
 浮気が原因だとか、そんな単純なものではなく、複合的な――心のすれ違いや誤解、嫉妬、寂しい気持ち、焦り……色々なものが絡まって夫婦仲がこじれていたんだね。

 確認事項
 40博は今までの記憶が全部ある。

 つまり、10年前の里花が10年後の自分に充てた手紙の意味を、博は分かってるはずだよね。里花が自分たちの関係を修復しようとして出した、という意図を。
 でも里花の手紙って、40博が過去にやって来て云々は一切カットした内容でしたね。書いた時点ではまだ博は戻っていなかったのに。(=つまり里花はまだ40博を覚えている)
 40博がどうこうと書くよりも、里花は、未来を良くするのも悪くするのも自分次第だと思ったのか。まあ、10年後の自分には記憶がないんだから、40博がタイムスリップ云々と書いても信じないだろう、と思ったんだろうね。まあ、そう思うのが普通かもしれない。

 どちらにしても、すごい効果があったみたいですね、あの荒んだDV状態から、かなり落ち着いてたもんなあ。私が思っていたよりもすごく曖昧なやり取り、地味な会話だったけど――もっと、とことん話し合うのかと思っていたので――里花と博、どちらのセリフからも微妙に「……離婚しなくていいんじゃない? どうしても離婚しなきゃいけないのかな?」というニュアンスが出ていたような。

 里花にしてみれば、張り合いのある仕事が出来たから、もう家に閉じ篭もって博を待つ必要がなくなった訳で、それを里花が実際言ってたように、経済的にも大丈夫ってことで離婚の前向きな理由にも出来るんだろうけど、でも違う方向から考えたら「家庭を持ったままでも仕事出来るよね?」って感じ。博にしても、自分は里花を愛してるから(もともと)離婚なんかしたくなかった訳で……

 40博のやったことは、劇的に未来を変えた訳ではないけれど、まったくの無駄ではなかった……ってところですか。(しかし、手紙はかなり劇的な効果だったかも……)
 地味と言えば地味なオチだったけど、私としては満足かな。
 贅沢を言えば、未来での会話をもうちょっと見たかった。
 結局、弟が10年後どうなってるのかも謎のままだったな。バンドはもうやってないんだろうなあ……あの彼女と結婚したのかな?

 しかし、周囲に小説家が二人もいたのに結局、「自分のいちばん大切なことは小説に書かない」というオチで終わってしまって残念。まあ、いいけどね……
 濱田先生夫婦のラストショットは良かったなあ、ほのぼのとして。

 しかしニッタカ先生は、28日の間に(博が2010年にいた期間)何冊新刊を出してたんだ? タイトル覚えてるだけでも「なんとかパティシェ」とか、最終回の「やさしい孤独」とか、いくら何でも多作すぎだろう(笑)。でも彼は10年後も「小野沢さんの味方」でいてくれたんだね。

 やっぱりいちばん泣けたのは、里花の「10年先も絶対愛してるから」。

 それを聞いた40博の標高……
 40になっても博はやっぱり純情なままじゃないか……(涙)。
 40にもなって何やってるんだよ! って言われるだけはある。そういや、その森松くんとの別れがなかったのが残念。先週、正体バラした割には尺足らずというか……
 まあ教授との別れが泣けたので、いいとしよう。教授は10年後もういないんだっけ。だからお互い、これでお別れだと分かっていたんだよね。ああ、泣けるなあ。

 多分、「そんな細かいことはどうでもいい」という類いの突っ込みになるんでしょうけど、40博が実際使用したタイムマシンの実物が登場しないままでしたね……

 最終回では、30博が蚊帳の外状態でちょっと可哀想だったけど(笑)、でも「今」の里花にとって大事なのは30博。この先ケンカを何度しても、結婚しても、仕事を辞めなくてはいけなくなっても、いつでも「そこにいる」相手を好きだし、愛している。それが過去になり、未来へとつながる。
 とても大事で、素敵なこと。
 だけど人間ってバカだから、いちばん大事なことを忘れがちになる。今回のタイムスリップ騒動のおかげで、それを思い出せた未来の里花なら(そして40博も、過去でそれを思い出した)きっとうまく行く……んじゃないかな? すれ違っていた時期が長かっただけに、そういきなり元には戻れないだろうし。
 一歩一歩、ゆっくりと。とりあえずアレだな、「触らせてももらってない」状態をどうにかしないとな(笑)。いや冗談じゃなくて。
 10年も子供が出来なかったのか? と最初は疑問に思ったんだけど、少なくとも3年は夫婦関係がなかった状態なのだから、そう不思議なことでもないのかな……

 2020年の里花は36歳だっけ。まだ大丈夫だよね。
(あ、でも仕事が……ううーん……)

私を古代ギリシャにつれてって~イリアス本番~
 イリアス兵庫公演。
 10/1(金)マチネを見て来ました!

 詳しいことは後日、サイトの方に感想レポートを掲載します。

 こんな、やたら相関図が複雑で、キャラクターが多くて、ややこしいカタカナ(人名、地名など)ばかりの物語をどうやって舞台化するんだろうと思っていたんですが、実際見ると「ああ、なるほど……」という感じでしょうか。原作を知っていて見るのと全く知らずに見るのでは、印象が全然違うはず。
 私も、(児童書とは言え)原作を読破しておいて良かった……

 あと、これは終演後に気付いたのですが、去年の「BLACK BIRD」と同じ演出家さんだったのですね。そう言えばブラックバードからもう一年になるけど、内野さんもあれ以来の舞台出演になるんですね。何か、内野さんってドラマやってる時以外はいつも舞台に出てるイメージなので、「えっ、一年間も舞台やってなかったの?」と思ってしまいました。

 今回の作品、アキレウスは劇中で怒ってばかりで(そうでなければ泣いてたり絶叫したり)、ほとんど笑顔ってものが見られなかったので、カーテンコールの最後に笑って手を振ってくれたのには相当ほっとしました。例の件は、役者としての内野聖陽には、怒りや焦燥、喪失、失望感を体現するのに絶好のエサになったとさえ言ってもいいんじゃないかなあ。
 また、それぐらい出来て当然、そうすることが当然だとも思う。プロですから。「個人の事情があって舞台の出来が悪いけどごめんね!」は通用しない。
(私人としての内野さんには、少なからずダメージはあったでしょうが)

 実際、お客さんも極めて普通だったしなあ。
 まあ、舞台を見に来るほどの内野ファンであれば(しかも今回、一律1万円だよ!)、舞台の客席でスキャンダルがどうこうなどといちいち騒ぐ真似もしないんでしょう。
 何もなかったかのように観賞に集中できたので、それは正直有難かった。非日常を味わいに来たのだから、徹底的に非日常に浸っていたい。観客としてはそれが本音。

 内容については……アキレウス男にモテすぎ。
 男ハーレム。
 ドキッ! 男だらけのトロイア遠征!
……って感じです(笑)。
Copyright © Gold von den Sternen(新). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。