内野聖陽さんとウィーン・ミュージカルがメインコンテンツ。その他のドラマや映画についてもこちらで。@小林りり子

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JIN―仁― #7
 第七話「永遠の愛と別れ」


 さて、高知を田舎に持つ管理人おすすめシリーズ。
 高知で今いちばん美味しい柑橘類はこれ!
 高知といえばフルーツトマトも有名ですが(徳谷トマトとか)この小夏もとっても美味しい! 小夏は旬がとても短くて、あっという間に終わってしまいます。
 一年中食べられないもの、旬の季節しか味わえないものの有難味を痛感するのが、今の春~初夏シーズンというところでしょうか。

 小夏の一番の特徴は、皮を全部めくらずに食べるというところです。八朔や文旦、グレープフルーツなどとはちょっと違います。
 ところどころ、ちょろっとだけ表の皮を削って、食べやすい大きさに盛り付けます。この小夏は薄皮ごと食べられるのです。もう何て言えばいいのか……

 ええから、黙って一遍食ってみい!
 わしが美味いちゅうたら、まっこと美味いんじゃ!


……とでも言いたいぐらい美味ですよ~。



 原作だと、野風はフランスにちゃんと行ったはずなんだけどなあ。
 予告だけ見るとまるで来週死ぬみたいな……
 でも、このドラマ、煽り予告が多いから実際見るまでは何とも言えません。今週のサブタイトルだって別にわざわざ「別れ」を入れなくてもねえ。永遠の愛=ルロンと野風の結婚&未来への血筋という意味だというのは分かるけど、別れはどこに?
 ああ、江戸時代での仁と野風にとっては、最後の診療=別れの場面ではあったのかな。でも来週またバリバリ手術するみたいだし……

 咲さんがすっかり説明・解説キャラになってしまって。
 物分りが良すぎると言うか……まあ、咲しかそういう役目をこなせる人はいないんだけど。
 私はもともと1期も内野龍馬「だけ」目当てに見ていたこともあって、咲にも野風にも思い入れはあんまり無いのです。強いて言えば、野風は分かりやすい不幸を背負っている分(女郎であること・吉原から出られない・自由がない・仁を好きになっても報われない)感情移入はしやすかったですが……

 とにかく、ドラマオリジナルキャラの未来が枷になりすぎてる、って思って見ていたなあ。野風と同じ人物にしちゃってどうすんのよ? と思った。
 まあ原作の仁先生も、あの年齢で結婚もしてなくて決まった彼女もいなかった、という(女とキスしているような回想はあったけど)ちょっとリアリティーのない設定ではあるので、ドラマで彼女を作ること自体に文句を言ってる訳じゃないんだけど――
 それにしても、ここまで書いてて本当に、ちょっと細部がコトーと似すぎてないかってつくづく思うんですけど……!
 ドラマオリジナルで彼女作るとか(しかもコトーの場合は彼女の名前が「咲」)、もともとシチュエーション……つまり、孤島と江戸時代という違いはあれど、非日常の世界が舞台で、主役がスーパードクターというところが共通しているだけに、なんかいちいち引っ掛かるのね。
 まあ私がコトーファンだからそう思うんでしょうけどね。(正直、全体的な音楽もちょっと似てると思うんだ……)

 まあ、そんなこんなで(?)龍馬が血を流さないために「欺く」と決めて、その欺きが暗殺を呼び込むと思うと辛いなあ。仁先生の言葉が龍馬を変えたのはいいけど、それが史実通りの悲劇へ収束すると思うと……

 そう言えば、ラストの手紙読み上げシーン。
 あれ? 内野さんの声のトーンがいつもと違う? という違和感を感じたんですけど、何だったんでしょうかね。そんなふうに思ったのは私だけなのかな?
 セリフ自体は、あれは回想シーンのようなもんなので(その場で声出して演技するのとは違う)アテレコで当然のシーンなのは分かるんだけど、微妙に声が違っていたような。
スポンサーサイト

臨場@テレ朝チャンネル再放送
 内野さん公式よりお知らせ。

「臨場」(1期)がテレ朝チャンネルで再放送されます。
 6/7(火)より毎週20:00~20:55

 うちの現レコーダ(パナ)、前のスゴ録(ソニー)で録画したDVD-RW(VRモード)の大半を再生してくれない意地悪なヤツなのです。

 なんでやねん。

 ファイナライズすれば互換性が出来て、対応レコーダーであれば再生できるんでしょ? だから私は-RWに録画したらその場でファイナライズすることを心がけていたのに。
 なぜファイナライズした-RWを再生拒否するんだ、パナ。これってユーザー無視でメーカー競争の果ての犠牲なのかしら? まったく理不尽で腹が立つったら。

 ということで、臨場1も改めて録画し直さなきゃいけません。
 問題は、ブルーレイにするかDVDのままにするか……
 でもテレ朝チャンネルってまだHD画質になってないよね~?
 いやここ最近、CSもBSもろくに見てないから分からないけど……

臨場 DVD‐BOX臨場 DVD‐BOX
(2009/11/21)
内野聖陽松下由樹

商品詳細を見る

安道名津@セブンイレブン
 コラボ商品「安道名津」、今日セブンイレブンで見かけました!
 私が見つけたのは夕方で残り3つしかなかったけど(2つ買いました)、たくさん売れたのか入荷が少なかったのか、どちらだろう。
 よく覚えてないけど、ドーナツって2種類あるんですよね。菓子タイプとベーカリータイプ……ちょっと意味が分からないけど、もしかしてこれって、

 セブンイレブンの販売スペース

 のことを指しているのか?

 確かに、今日買ったドーナツはパンコーナーにあった……これがベーカリータイプっていうことかな? じゃあお菓子タイプはどこに置くんだろう?
 お菓子と言ってもグロッサリー(冷蔵じゃない食品)とデイリー(冷蔵、チルド)でまた区分される訳でして……ドーナツってそうそう日持ちするものじゃないから、やっぱりデイリー区分?

 ちなみに、お弁当や揚げ出し豆腐も探してみましたが、なかったです。確かほとんどが5/27(金)スタートのはずだから……
 私も今日ウッカリしていて「そう言えば一種類だけ5/24とか5/25スタートだったっけ?」と思い出す始末。昨日はセブンに行かなかったので、昨日あったかどうかは不明。

 ふたつ買ったんだけど、家でよく見たらこの餡の量の違いは……(笑)。上はドーナツの輪っかが見えないほど餡が乗ってる(笑)。
 でもドラマ的に言えば下の方が正しいんでしたよね?

JIN-donut1.jpg

JIN-donut2.jpg


 中にグリーンの楊枝が入ってるけど、ちまちま食べるのは面倒なので手づかみで食べました! お茶は日本茶じゃなくて紅茶だったけど、別にいいよね!

 意外と普通の生地でありんす。
 一応、玄米と黒ごまを生地に練りこんでいるそうですが……(私、ごまがアレルゲンのひとつなのでこのドーナツはもう二度と買えません・涙)

 餡がやっぱり、こってり甘いので生地は甘さを控えめにしてあるっぽい。でもそれが正解だと思います。これで生地までくどかったら食べられないわー。
 普通においしいですよ。
 お茶といっしょに食べるのがいいです。

 それにしても、餡を使っているドーナツなのになぜ「安道名津」?
 仁先生が「餡」という漢字を知らなかったのか?(笑)

 ドラマではベーキングパウダーなんてある訳ないので(でもあの時代なら、外国ではあったんだっけ?)モッチリとした生地っぽいと思っていて、またそれを期待していたんだけど、多分そういう生地を作る方が面倒だし難しいんだろうなあ、量産体制では。
 
 1個120円ですので、仁フリークの方は買ってお試しあれ。

JIN―仁― #6
 第六話「坂本龍馬の闇」

 キャー素敵なサブタイトルー!

 ダーク龍馬上等ぜよ!
 それこそ待ち望んでいたぜよ!
 前作では結構、ふざけた調子で話してると突然、声のトーンが低くなって真面目になるシーンが多くて、その落差に悶絶していたものです。
 ダーク龍馬いいじゃないかー!

 っていうか、某作家の創作の影響が大きすぎるとは言え、幕末の偉人と言われる人物がただ能天気で明るい商人って訳がないよね……
 殺されるほど恨まれていたということは、彼も誰かを殺したいほど恨んでいたのかもしれないし、敵対する相手もいたし、それなりにそれなりの暗黒に足を突っ込んでいたはず。
 わーい、今回は楽しみだなあ。

 ★内野キャラ占い★

 血は純粋な高知出身(両親共に高知出身なので)だけど、なぜか生まれは埼玉県、ずっと大阪で生きている小林りり子のおすすめ高知特産品。

 なぜか、高知と名古屋にしか流通していない(?)という謎のお菓子「ミレービスケット」。ビスケットという名前だけど、普通のビスケットやクラッカーとは違う食感なのです。
「よりより」みたいな油菓子に近いと私は思います。
 最近、大阪でも中心地あたりでは見かけるようになりました。
 JR大阪駅(御堂筋口)のイカリスーパーにも置いてるし、「ミレーフライ」という別物商品ならスーパーの105円コーナーにある場合も。
(食べた感じ、味はそう違いはないと思う)

 ミレービスケット(Wikipedia)


 毎回毎回グロ描写に耐えながら(正視してないけど)見続けてきた甲斐あって、今日は内野龍馬を思いっきり堪能できました。

 でも、ダーク龍馬つってもね、思ったよりは暗黒じゃなかったよ。何と言うか……この現代でも答えの出ていない討論じゃないですか?
 どっちが良い悪いとか、そんな単純な話じゃない。
 殺されてしまったら終わり、という龍馬の言葉も理解できるし、暴力は負の循環だという先生の言葉も理解できる。人を殺すより無抵抗で殺された方がマシ、と思う人もいるだろうし、守るべき者がいれば剣を、銃を手に取るしかないかもしれない。
 今の世の中にだって、武器商人は暗躍してる訳です。

 いったい、この世の誰が答えを出せるんでしょう?
(当然だけど、戦争は無いに越したことはないです)

 龍馬は言い争いのあと仁を置いて行ってしまったけれど、結局、放っておけなくて仁を追いかけてきたんだよね。今週分だけでは、龍馬が仁の無事を確認したかどうか不明だけど、自分の売った銃弾を――血まみれの銃弾を手に「迷子になっちょった」……
 この言葉は、彼の考えの転換を意味するものだと思うんだけど、どうなのかな。これからは戦争でなく無血開城、つまり大政奉還を目指す。船中八策ってものがあるじゃないですか。あれですよね。

 あの有名な写真に仁も写っていたとは。
 でも史実の辻褄を合わせるためには、仁はあの写真から消えるはずですよね。でも、原作だと(ネタバレ)仁は現代に戻るけど、同時に江戸にも残る訳だから、龍馬と親交があった史実に変わってもおかしくはないんだけど……


日曜劇場 JIN-仁- オリジナル・サウンドトラック~ファイナルセレクション~日曜劇場 JIN-仁- オリジナル・サウンドトラック~ファイナルセレクション~
(2011/05/25)
TVサントラ

商品詳細を見る

内野龍馬インタビュー@公式サイト
 JIN 公式サイト内野聖陽インタビュー

>正直なところ、土佐弁をマスターするのがやっぱり一番大変だったんです。

やっぱりそうだよねー!

 高知を田舎に持つ身として、前作からすでに内野さんには「なんつう完璧なイントネーション……」と驚かされてきましたが、やっぱりいちばん苦労したんですねえ。

 確かに、難しいのですよ土佐弁って。
 私は高知で育ったことがないので、(祖父祖母や叔父伯母の会話は)ヒアリングだけは出来るけど、自分ではどうしても口に乗せられない。乗せても白々しく響くと思うし、田舎があるからってだけで高知弁喋られるかと言えば、もうまるでダメ。

 実際、生活に高知県というものが密着している私でも、喋れって言われたら無理なんだもん。そりゃ内野さんはかなり苦労したことと思っていましたよ。前作から。

 でも本当、方言で演技するのってかなり大変だと思いますわ。内野さんも実際に高知まで行かれて、飲み屋で修行(笑)されただけあって、かなり「高知のおっちゃんの酔っ払いイントネーション」に偏っている気もしますが(笑)、いやでも高知のおっちゃんってあんななのよ……
 やたらテンション高いのよ……!

 内野龍馬を見ると、叔父に会いたくなるんだよねえ。

 ★お遊びページ 内野キャラ占い★

 高知のおすすめ特産品!
 まずは有名な馬路村のゆず商品。
 何だか昨今、ゆず=韓国とか気持ち悪い刷り込みがマスコミによって行われているようですが、経済復興のためにも国内需要&供給を高めようではありませんか!
 安心のためにも、国産品を食べましょう!





 高知のかまぼこは魚の味が濃くておいしい!
 私の住む大阪とはえらい違いだ……
 そこらへんのスーパーでもちゃんとおいしいかまぼこ売ってるんだもん。個人的に、高知でかまぼこと言えばコレ。すまき。母が帰省したらおみやげが楽しみ。



 まだまだあるので、シリーズ化するかもしれません(笑)。

 これからの季節、高知の柑橘類でいちばんウマイのはこれ! ああ、今すぐ食べたい! 叔父が毎年送ってくれるんだけど、今年もそろそろか……!?
 叔父ちゃん、待ってるぜよ~!

Copyright © Gold von den Sternen(新). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。