内野聖陽さんとウィーン・ミュージカルがメインコンテンツ。その他のドラマや映画についてもこちらで。@小林りり子

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨場劇場版サイト リニューアル
 いつの間にか、劇場版サイトがリニューアルされていました!!

 臨場 劇場版サイト

 早く、新しい映像を見たいなあ。
 トップページの倉石さん、ちょっと老けた感じがします。
 意図的なのか? そうでないのか……

「最終章」だから原作準拠で倉石病気オチとか? それはやだなあ。
 完結は構わないけど、どこかで元気でいてほしいと思う。
スポンサーサイト

踊る大捜査線FINAL 特報
 踊るファイナルの特報がアップされています!

 踊る大捜査線 FINAL(公式サイト)

「係長 青島俊作」っぽい作りですね(笑)。
 織田さんは演技うまいなあ、本当に。
 これだけで成立しちゃうもんなあ、踊るワールドが。

 1~3の名セリフも網羅されていますが、私は3の名セリフ(?)だけはあまり好きじゃない。

「俺に部下はいない、いるのは仲間だけだ!」ってやつ。

 それ、今言うことじゃない! 
 そんなことにこだわってる場合じゃないだろ!


……って思ってしまいます。

 犯人捕まえる目的が目の前にあるのに、「部下じゃなくて仲間なんだ」とか、そんな(本店にとっても所轄にとっても)しょうもない、どうでもいい、温いこと言ってる場合じゃないだろう。

 そこ、キレるところじゃないよ!って感じでした。

 連ドラ最終話で、本店が青島の行動に(問題があるとして)制限を科した時、青島は捜査に加われない苛立ちに机をぶっ叩きました。
 セリフはなし。

 だけど、青島の苛立ちや言いたいことは手に取るように理解できた。
「今、そんなこと言ってる場合じゃないだろ!」って。

 それなのに、3では青島が「そんなこと言ってる場合じゃない」人になっちゃったんだもんね~。
 やっぱりダメだよ、この決めセリフは。決まってない。

 本店から見たらどうでもいいんだよ、部下だろうと仲間だろうと。
 私が見ても、「そんなこと本店に言ったって仕方ねーだろ」と思ったもんなあ。

 狙って作る決めセリフは、それだけでスカになっちゃう気がするなあ。

 だから、あざといまでに「ここキメてるよ!」ってゴリ押ししないでほしい。

 話さえ、ちゃんとしていればいいんだから。
 決めセリフがあろうとなかろうと、そんなことどうでもいいから。
Copyright © Gold von den Sternen(新). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。