内野聖陽さんとウィーン・ミュージカルがメインコンテンツ。その他のドラマや映画についてもこちらで。@小林りり子

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マテがゴス仕様トートになってしまった
 いつの間にやら、東宝版エリザベートのサイトがリニューアル。

 ついに、ついに、マテが日本仕様のトートに変身してしまったああああ!!!
 あああああ、化粧してるよおおお!
(いや、ウィーン版でも化粧はしてたけど)

 東宝版エリザベート(キャスト)

 こういうゴシック仕様の衣装って、しょうゆ顔の日本人が華麗さを演出するために着るもんだと思うのですが、本物のトートがそれを着るってどうなのさ。

 日本人が勝てる訳ないじゃんねえ(笑)。
 もともと美形のヨーロッパ人が、ゴシックな衣装を着て似合わない訳がないよね。

 ただ、こちらとしてはウィーン版のフリンジ真っ白トートが焼きついているので、マテのゴシックトートに即座に慣れるという訳にもいかない……
 
 と言うか、マテはこれで本当にいいのかっ!?
 コメント動画だけでも、「トート」の発音が日本語発音じゃないので不安でいっぱい……
 今回ばかりは、Todじゃないんだよ。
 トートなんだよ~。

「愛と死の輪舞」は数年前にWMCで聴いていたので、うまいことは分かってるんだけどさ……

 マテ、本当にそのメイクや衣装でいいのかっ!?
 日本の演出でいいのか!?

 撮影風景を見てると、まんざらでもなさそうに見えますね。
 まあ、ヅカも含めて日本版のことは知っているだろうから、マテが決めたことなら、今さらこっちが心配するようなことでもないんでしょうが……

 とにかく、私としてはマテに日本版なりの味つけや良さがあることを体験してほしいと思います。
 成功することを心から祈っています……

 でもね、でも! ルカスは来なくていいよ!
(まあ、ルカスはすでに日本語ミュージカルは経験済だが)
 アンドレさんもマジャーンも来なくていいよ!

 やっぱり、どう考えても「オール日本語」なんて無茶すぎるもん!

 それならいっそ、また来日公演やろうよ!
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © Gold von den Sternen(新). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。